体感型 防災アトラクション 神戸&西宮

今週は、
台風の影響で京都消防のイベントがなくなりましたが、
それでも、2日連続で別現場でした。

始まりのレクチャーも、
終わりのふりかえりも、
開催場所によって、
参加者層によって違っています。

そりゃそうですね。
一口に防災といっても、
求めるものが違いますから。

幼稚園の先生方には、
子どもを守るという視点で。

家族連れの方々には、
それぞれのお家で何が準備出来るのか?

など、参加された方々自身が
考えられたのではないでしょうか?

体感型 防災アトラクション®️で、
災害時に何ができるのか?
何が必要か一緒に考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL