インプロ(即興演劇)で楽しくコミュニケーションまなぶ ワークショプ・研修・公演・ショー・講師派遣はカクテルホイップ

就労支援

就労支援

このような形で求職者の就労を支援します

【利用者の自己発見・成長】

自己(他者)肯定へ

ありのままの自分をまずは受け入れることから始めます。「アイデアに間違いはない」という観点は、アイデアだけでなく、自分の存在を丸ごと受け入れることにつながります。自己(他者)批判から自己(他者)肯定へと変化。
自分に自信が持てると、また次の一歩を踏み出すことが出来ます。

何度でも立ち上がり前進するチャレンジ精神

わざと失敗させるゲームを取り入れています。ゲームの中で失敗しても笑いあえることで、失敗への恐怖感を拭い去ります。生きていく上で失敗はつきものです。転んでもすぐに立ち上がればいい。生き抜く力を鍛えます。

自ら決断し行動できる力

多くの仕事の中から自分にあったものを選択しなければなりません。考えすぎて決められなくなったり、チャンスを逃してしまうことがないように、自分のため、しっかり決断し、即座に行動する。そんな心と身体を身につけます。

【面接で】

見られる恐怖から解放される

見られる恐怖や、焦りがあると、普段の自分の力を出すことは出来ません。
「今、ココに、自分自身としてしっかり存在する」
インプロの考え方がすべのゲームの根底にあります。誰の力も頼ることが出来ない面接で、恐怖を脇に置き、しっかり自分と向き合えて他者を感じることができるためのトレーニングプログラムです。

判断力・対応力を鍛える

何を訊かれるのかわからない面接で求められる対応力。
目の前に起こった出来事を即座に取り入れて対応するのがインプロ(即興演劇)です。ワークショップの中でじっくりお芝居をつくることはありませんが、ショートストーリーを他者と共に創っていくことでよいトレーニングになります。

プレゼンテーション力を磨く

相手の話を受け入れる「Yes」。自分のアイデアを乗せていく「And」。
この「Yes,And」がインプロのベーシックな考え方です。インプロでは、何も決まっていないストーリーを他者と一緒に紡ぎ、即興で話します。
他者の話をしっかり聴くこと、その意味を感じること。そこに、自分の意見をのせて話すこと。簡単なゲームの中で行います。

自信をもって自己表現をする

表現することにまちがいはありません。しかし、他者の評価が怖くて表現をすることが苦手な人がたくさんいます。自分の考えやアイデアを伝えることは、自己アピールには、なくてはならない力です。まずは、受け入れあう場で、身体と言葉で自由に表現することに慣れていきます。

自然なアイコンタクト、笑顔の素敵な人になる

基本的なことですが、「~~~~ねばならない」と思っていると面接の場面では引きつった笑顔や、にらみつけるようなアイコンタクトなど不自然さが目立ってしまいます。
ゲームの中では、しっかりとアイコンタクトをとり相手に伝えたい気持ちを前のめりで送っていきます。頭で理解するではなく、自然に行われるアイコンタクト、素敵な笑顔は自分のものになり、面接官は好印象を持ってくれるでしょう。

【企業が求める人材に】

コミュニケーション能力の向上

即興でグループでひとつのものを作り上げるには、他者とつながらなければできません。
言葉だけでなく、ノンバーバルなコミュニケーションでさえも必要になる社会。
つながって、関わり合うことが基本です。よく観て、よく聴いて、しっかり感じる。
多くの要素が、遊びのなかにしっかり含まれています。

チームビルディングの構築の一員となる

チームの意見を尊重することができる協調性。また、チームのために自らが決断し行動する決断力・行動力。今、何が(どちらが)必要かを見極められる判断力など組織で働く上で必要な力を身につけます。みんなで誰かを支えあうゲームや、自分がリーダーとなりチームを引っ張るゲーム。企業人として必要な力を身につけることができます。
また、リーダーシップとフォロアシップ・パートナーシップについて体感から学びます。

想像力 創造力 発想力 集中力を育てる

それぞれのゲームは短時間で行われます。その瞬間に集中して発信していきます。
ゴールの決まっていない自由なアイデアを出すことは、想像力、創造力、発想力を育てます。
どんなアイデアも互いに受け入れあうことで、表現することは、怖いことではなく、楽しいものであることを感じていきます。

楽しみ合える力を持つ

仕事の上でも、人間関係でもいろいろなことに直面します。目の前の事をいかに楽しみ合えるか。どんなことでも、笑いに変えてしまう力は、生きていく上で最も大きな力となります。

【このようなところで】

就労支援サポートステーションで、コミュニケーションの苦手な人が、1歩を踏み出す講座として。
・職業訓練の導入部分でのクラス作りや、コミュニケーションの授業として。
・定時制高校で就労支援の授業として
・高校新卒生の未就職者支援事業として
・サポートする人のためのスキルアップ講座として(サポステ職員様向け)
・家庭や学校で就労支援や就活指導をしている親や先生に向けて

人生は筋書きのないドラマ、まさにインプロです。
起こった出来事はかえられないけれど、ストーリーは書き換えられる。
他者と共に楽しみ合いながら、前に進む力を養い、
多くの人材育成のお手伝いができると確信しています。