体感型防災アトラクション

次世代型防災訓練

体感型 防災アトラクション🄬とは?(フラップゼロ)

地震・津波・大雨・洪水・土砂崩れ・・・など、自然災害が多発している今、
一人ひとりの防災・減災意識の向上が、これまで以上に重要なこととなっています。

瞬時の判断は生死の分かれ目ともなり、発災した瞬間に
「どう行動するか」をシミュレーション=訓練することが求められています。
正しい知識と、被害に遭わないための備えが必要です。

エンターテイメントと防災教育を融合し、従来型の見ているだけの訓練ではなく、
災害時のリアルな現場を、安全な環境で再現。
災害発生時や避難生活時に必要となる知識や行動などを、
臨場感あふれる体験から学ぶ 「参加型 体験学習」のスタイルを採用し、
​「参加したくなる防災訓練」を実現しました。

あなたは の守り方を知っていますか?

(フラップゼロHPより)

【アトラクションタイトル】

LIFE LINE ライフライン

「巨大隕石接近!」という荒唐無稽なテーマで
子供達や若い世代に人気!最も汎用性が高い人気タイトル。

LIFE LINE Ⅱ  ライフラインⅡ

​巨大地震が発生!都市型災害から身を守る。被害者にならないために今しなければならないことは?

THE TOWER  ザ・タワー

オフィスビルや高層マンションなどのビル型閉鎖空間で被災。その場からの安全確保・構想難民対策などを対象としたタイトル。

FLOOD フラッド

大雨・洪水をテーマにしたタイトル。

変革が望まれる防災訓練の課題

東南海トラフ巨大地震や首都直下地震など、年々発生の危機感が高まる中、
全国各地で行われている防災訓練には、
これまで以上の有効性や若い世代の参加・参画の啓蒙が求められています。

しかし、多くの自治体や学校現場から聞こえてくるのは、

「参加者の高齢化」「形骸化した避難訓練」「参加率の向上」「防災への参画」

などが課題であるという声ばかりでした。

「体感型 防災アトラクション🄬」は、次世代型の災害への実践的な予行演習